HOME>アーカイブ>電気の流れる仕組みや色のつく仕組みを理解しよう
イルミネーション

電子がぶつかり合って光る

LED照明の器具は蛍光灯や白熱灯などと異なり、どうして明るくなるのかよくわからないと考えている人は少なくありません。実は半導体が中に入っており、通電することによって中にある電子などが移動してぶつかり合った時に生じるエネルギーが発光する仕組みです。光の色が違う仕組みは、中で使われている化合物によるため、化合物の配合などによって大きく光の色が変わっていきます。基本的に2色以上の光を混ぜて表現していることが多く、蛍光色になるのか、白熱灯の光になるのかは成分の仕様具合によって大きく異なるのがポイントです。利用するときには色を確認し、自宅に最適と思えるような光の色の物を購入することが大切といえます。

大きさや口径を確認してから買う

LED照明を買う時には、器具の大きさに合う物を買わなければならない為、自宅の器具の大きさを確認してから手に入れることが必要です。特に電球タイプの場合は口径を確認しないときちんと止められない可能性があるため、慎重に対応することが重要となります。蛍光灯タイプの場合には大きさや長さを確認してから利用することが重要となるため、メジャーなどで計ってから購入することが必要です。天井にあって計測しづらいと考える人も少なくありませんが、脚立や高めの椅子などに乗って測るか、あるいは背の高い人に依頼することで測ることが可能となります。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中